カテゴリ 新着記事 最近のコメント 過去ログ

2005年12月20日

幽波紋?! なんだそれは。

Mixi内には
誕生日、趣味特技、出身校、将来の夢、はたまた多少アダルトなものまで、
自分と同じ嗜好、属性の人たちで集まってワイワイしようといった
コミュニティーなるグループが沢山ある。
オレも手頃なコミュニティーに属そうと、検索で色々探していると
その中に一際異彩を放った、オレの目から焼きついて離れない
運命とも言えるコミュニティーに出会った。

そう、まさに運命で惹かれあっているッ!!
それは








ジョジョの奇妙なコミュニティー














知る人ぞ知る、漫画家荒木飛呂彦先生の代表作
「ジョジョの奇妙な冒険」について熱く語りあう。そんなコミュ。

この漫画、セリフ・ストーリー・効果音・画のタッチ・ネーミング
全てが他に類を見ないくらい独特。
それ故に賛否両論が物凄い。
勿論オレは大好き。キャラ一人一人に哲学やら信念やら正義やら
きちんと設定してあって(たぶん)、キャラクターがキャラクターたる存在感を十二分に発揮されている。
その中でも好きなキャラは(ネタバレ注意)




DIO様(第3部)


中性的な魅力を持ち性別を越えて人を魅了する、他の追随を許さないカリスマ性が素敵。
上司にしたい。




ホル・ホース(第3部)


「一番手よりも二番手の男」、ホル・ホース。人を立てて、補助するのが得意なようだ。
相方・相談役にしたい。




しげちー(第4部)


丸くてかわいい。能力からもわかるようにセコイw 
パシリにしたい。



トリッシュ・ウナ(第5部)


気が強く、ギャングの大BOSSである父親に立ち向かう姿はまさに男勝り、そんな女性。危うく惚れそうに。
僕の女王様になって。




エンポリオ(第6部)


誕生日がオレと同じ。ラスボスにたった一人で立ち向かったあの勇気は忘れない。人間てやればできるんだなと思った。
孫に欲しい。




…これ以上はヤメておこう。














しかし連載を終えて結構経つというのに
コミュの中は非常に賑やか。
トピのレスがほとんどJOJO風味なセリフで書かれていて、
「ああ、このセリフは○○があの場面で言ってたヤツか、懐かしいw」
と、感慨深くそしてまた楽しく、トピを読ませていただいた。
JOJOを愛してやまない人が沢山居るという事実を目の当たりにして
オレは改めてネットの素晴らしさを噛み締めた、そんな午後のひととき。















ドドド.jpg


画像は同コミュで紹介されていた「デスクトップドドド」というツールを表示してみたもの。




『ド ド ド』
『ゴゴゴゴゴ…』
『ズキャーーーーン』 他、




特徴ある効果音の文字もJOJOの魅力の一つ。
ツール提供元の言葉を借りると、







『デスクトップドドド』は、
デスクトップ上に「ド」を表示させることができる次世代ソフトウェアです。









とある。
さっそく使ってみたのが上の画像。



文字の位置・大きさ・振動の種類(文字が縦に動いたり横に動いたりランダムに動いたり)、
など配置や運動は最初から自分でカスタマイズしろ、という。
これはセンスとオリジナリティーが問われますね。
後で色々遊んでみる事にしよう。














まぁ、こんな感じで
家に居ても常に敵に狙われてるかのような緊張感
そして何よりJOJO大好きなオレ
ある意味こんなツールをオレは待っていたんだ!!
考えた人、激しくG☆J^^b















でもね














よく見るとわかるのだが、「ド」の文字がデスクトップのアイコンにカブっている。
ブラウザを開くとブラウザにもカブってしまっている(↓図)


ドドド2.jpg











つまり、何を呼び出しても最前面に「ド」の文字が鎮座ましましてしまう。















非常に邪魔だよ^^














すごい存在感。さすがJOJO!文字のクセに自己顕示欲の強いことw
しかしこれほど役立たずなツールは見たこと無い。嬉し悲しってこの状況の事を言うんだね・・
PC環境の利便を図るため、ソフトウェアは発達してきたんじゃないのか。
この作品を見る限りその事実も懐疑的になってしまう。
どんな扱い方をすれば便利だと言えるんだろう。



そしてなにより提供元はこう強く主張している
『次世代ソフトウェア』です、と。



次世代





次世代^^





次世代^^*











時代の境目、その向こうがどうなっているのかなんて、誰にもわからない。
20世紀後半に流行った小室ファミリーも、21世紀に入ったらトンと見なくなった。
また、ノストラダムスの予言で述べられていた、アルマゲドン、それも来やしなかった。
(アルマゲドンの詳しい定義は割愛)
次の世代がどうなるかなんて、それこそ神のみぞ知る事だ。





では、より便利になるようにと発達しているソフトウェア業界の
『次世代』が、このツールだとでも言うのか?w
いや、オレはいいんだけさw

世の中の技師さんの


「止めろ!止めるんだジョルノ!
早くコイツを止めろォォォォォーーーーーーー!!!」



って叫ぶ声が聞こえるようである。














このツールを扱うためのスペック必要環境が記されてあった。

・Microsoft Windows(日本語版)
・200KB以上のHD空き容量
ジョジョ愛









なんだかんだ書いてきたけど、
オレこの記事書いてる間ずっと「ドドド」起動してましたから…
必要環境を満たしてるから起動できてるワケで、
逆説的にオレの中のジョジョ愛の存在が証明されたと思う。


ちなみにこのツールを↓に紹介しておきます。
http://massacre.s59.xrea.com/game/dtddd/index.htm
posted by 管理人さん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | すみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。